アミノインデックスとは?

からだのアミノ酸バランスを測定するアミノインデックス

「アミノインデックス」とは、血液中のアミノ酸濃度のバランスから、現在の健康状態や病気の可能性を明らかにする検査です。

私たちのからだとアミノ酸

人のからだの2割はアミノ酸

私たちのからだは約60%が水分で、約20%がたんぱく質でできています。体重50kgの人なら、約10kgがたんぱく質です。たんぱく質は、筋肉や骨、皮膚のコラーゲンなど、からだの重要な部分をつくっていますが、このたんぱく質を構成している成分が「アミノ酸」です。

毎日からだをつくるアミノ酸

私たちのからだを構成するたんぱく質は、毎日合成と分解を繰り返しています。そのために必要なアミノ酸をきちんと食事から摂ることは、毎日の食事の重要なテーマです。食事でからだに摂り入れられたたんぱく質は、分解・吸収され、肝臓に達するまでにほとんどがアミノ酸になっています。体たんぱくを形成する20種類のアミノ酸のうち、11種類は他の アミノ酸から作ることができます。しかし、残りの9種類は体内で 合成することができません。この9種類のアミノ酸は「必須アミノ酸」とよばれ、食事から摂取することが不可欠です。

アミノ酸が不足すると ・・・

アミノ酸が不足すると、からだの様々な機能が正しく行われにくくなります。とくに必須アミノ酸の欠乏時は低栄養状態や、肌あれなどが起こることがあります。ラットによる実験の結果では、必須アミノ酸のひとつであるリジンが欠乏した状態が続くとラットの成長が抑制されることがわかりました。 アミノ酸は私たちが生きていく上で欠かせない栄養成分なのです。

アンチエイジングにもアミノ酸

高齢になるに従い、骨格筋の筋肉量はだんだんと減少していきます。筋肉量が減ると、外出するのが億劫になったり、転倒や骨折などにつながりやすく、その結果、自立して日常生活を送ることが難しくなる可能性が高くなるといわれています。 筋肉量の減少をとめるには、適度にからだを動かしたり、動物性たんぱく質を十分に摂ることが大切です。栄養面からはアミノ酸の利用が有効です。アミノ酸は筋肉のたんぱく質を構成している栄養素で、その中でも分岐鎖アミノ酸(BCAA)は筋肉に多く含まれている成分であり、筋たんぱく質を作り出しやすく壊れにくくする働きがあることが知られています。特に、BCAAの一つであるロイシンは筋 たんぱく質を増やす機能が強く、高齢者では必要とする必要量が 高くなる可能性も指摘されています。 最近では、これらのアミノ酸を摂ることにより、からだの筋肉量が増え、体力も改善されることが明らかになってきています。

質の良い睡眠にもアミノ酸

ぐっすり眠れてスッキリ目覚める“良い眠り”には、睡眠の時間だ けでなく、質もとても大切です。睡眠は、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を組み合わせた睡眠サイクルが繰り返されますが、ストレスや不規則な生活など、さまざまな原因で健康な睡眠サイクルが崩れてしまうことがあります。 そんな時、アミノ酸のグリシンを就寝前に摂ることで、すみやかに自然な深い眠りに入ることが分りました。アミノ酸を上手に補給することで、深い眠りでからだを回復させ、疲労感も軽減し、すっきりと目覚めて、いきいきとした日々を過ごすことに役立つ のです。

アミノ酸で免疫力アッフ

免疫とは、病原性の細菌やウイルスがからだに侵入したときに働く、からだの自己防衛機構です。つまり免疫力とは、人間が本来持っているからだを守る基本的な力なのです。ところが、人間の免疫力は、加齢とともに徐々に低下していきます。また、激しい運動や過剰なストレスでも低下すると言われています。アミノ酸のシスチン、テアニンは免疫細胞を活性化させる働き、アルギニンやグルタミンは免疫機能をサポートする働きがあります。血中のこれらアミノ酸の濃度を高めて免疫力をアップすれば、風邪などの感染症にかかる確率も低くなります。アミノ酸を上手に補給することで、病気に強いからだづくりに役立つのです。

からだのアミノ酸バランス

病気とアミノ酸バランス

私たちの血液中には40種類以上のアミノ酸が含まれており、健康な人の血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ、一定に保たれるようにコントロールされています。しかし様々な病気になると、からだの代謝のバランスが変化し、一定に保たれている血液中のアミノ酸濃度のバランスが変化し、下図のように病気に特有なパターンを示します。

肝臓疾患だけでなく、腎不全、がん、糖尿病、筋肉機能不全、先天的アミノ酸代謝異常など、様々な病気で血液中のアミノ酸濃度の変化が報告されてます。

「アミノインデックス技術」とは?

「アミノインデックス技術」とは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康状態やさまざまな病気の可能性を明らかにする技術です。

アミノインデックス®の活用

健康診断や病気治療での活用

アミノインデックス®を活用すると、微量の血液サンプルから短時間で健康状態を調べられるので、受診者に負担をかけない健康チェック法として、現在、様々な分野で活用が始まっています。まず、健康診断の分野では、がんのリスク評価に利用されるようになりました。がん以外にも生活習慣病など他の病気にも適用できるよう研究開発が始まっています。
また、病気を治療中の患者さんに対しても、アミノインデックス®で症状の変化を察知し、適切な処置に役立ててもらえるような研究を進めています。

さらに、スポーツ、美容、栄養管理などの分野では、アミノインデックス®で体の状態を調べるだけでなく、体調を整えるための取り組みの検討も始まっています。
例えば、スポーツ選手の疲労度をアミノインデックス®で調べ、競技の種目ごとに最適なトレーニング法や食品を提案したり、高齢者の栄養管理に用いるなど、可能性はとてもひろがっています。