最新のアミノ酸研究


  • メタボノミクスは多嚢胞性卵巣症候群患者の血漿中の代謝変化と炎症マーカーを明らかにする

    2013-07-10

    Title:
    Metabolic heterogeneity in polycystic ovary syndrome is determined by obesity: plasma metabolomic approach using GC-MS.


    Author:
    Escobar-Morreale Hector F, Samino Sara, Insenser Maria, Vinaixa Maria, Luque-Ramirez Manuel, Lasuncion Miguel A, Correig Xavier,


    Keywords:
    ,


    Abstract:
    多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、生殖可能年齢の女性が罹患する有病率が高く、臨床的に多様な内分泌疾患であり、内分泌障害や代謝異常を伴う。いくつかの代謝パラメータが検討されているが、生体液(biofluid)中の低分子代謝物の変化に関してはほとんど報告されていない。本研究の目的は、PCOSの代謝プロファイルを確立し、対照の代謝プロファイルと比較することであった。34名のPCOS女性と36名の対照を組み入れた本横断的研究において、血漿検体中の低分子代謝物と脂質の含有量を、核磁気共鳴(NMR)をベースとする技法を用いて測定し、多変量統計法を用いて解析した。PCOS患者において、対照と比較し、アミノ酸(ロイシン、イソロイシン、メチオニン、グルタミン、アルギニン)、クエン酸、コリン濃度、および、グリセロホスホコリン/ホスホコリン(GPC/PC)比が有意に低く(P<0.05)、乳酸、ジメチルアミン(DMA)、クレアチン、N-アセチル糖タンパク質濃度が有意に高かった(P<0.05)。肥満、メタボリック症候群、あるいは、アンドロゲン過剰症を有する患者サブ群において、これらの因子を有さない対応するサブ群よりも代謝異常(metabolic deviation)が大きかった。PCOS患者には、アミノ酸代謝、トリカルボン酸(TCA)回路、腸細菌叢の大きな乱れ、および、糖代謝や脂質代謝の軽度障害がある。N-アセチル糖タンパク質濃度が高いことは、PCOS患者に軽度の慢性炎症が存在することを示している。


    Journal:
    Clinical chemistry Vol.58 (6) p999-1009( United States)