最新のアミノ酸研究


  • アミノ酸異常と関連する骨折治癒障害

    2014-11-27

    Title:
    Impaired fracture healing associated with amino acid disturbances.


    Author:
    Wijnands Karolina A P, Brink Peter R G, Weijers Paul H E, Dejong Cornelis H C, Poeze Martijn,


    Keywords:
    ,,,,


    Abstract:
    【背景】全骨折患者の5~10%が、骨折部分不癒合を生じる不適切な治癒過程を経験する。複数の先行研究が、正常な骨折治癒にはアルギニンから十分な量の一酸化窒素が産生されることが重要であることを示している。しかし、炎症などのストレス条件下、アルギニンの利用能は低下することがあり、これが、仮骨形成が不十分な結果としての不癒合に結びつく可能性がある。
    目的:本研究の目的は、骨折不癒合のある患者とない患者における仮骨および血漿中のアミノ酸濃度を測定することであった。
    【デザイン】血漿中および仮骨中のアミノ酸濃度を、HPLCを用い、骨萎縮性癒合不全患者(n=12)において測定し、骨萎縮性癒合不全患者(n=12)、急性骨折患者(n=15)、および、骨折治癒患者(n=8)と比較した。
    【結果】骨萎縮性癒合不全患者群において、骨折治癒群よりも、仮骨中のアルギニン(61 μmol/mg vs 180 μmol/mg;P<0.0001)、シトルリン(13 μmol/mg vs 44 μmol/mg;P<0.0001)、および、オルニチン濃度(25 μmol/mg vs 149 μmol/mg;P<0.0001)が有意に低かった。骨萎縮性癒合不全患者群において、骨折治癒群よりも、アルギニン濃度が有意に高く、オルニチン濃度が低かった。血漿中のアルギニン濃度は、骨萎縮性癒合不全患者群(62 μmol/L;P<0.001)および急性骨折群(41 μmol/L;P<0.001)において有意に低かったが、骨萎縮性癒合不全患者群では低くなかった。血漿中のオルニチン濃度はすべての群において急性骨折群よりも低かった。
    【結論】不癒合患者においてアミノ酸濃度が有意に変化していた。骨萎縮性癒合不全患者群においてすべてのアミノ酸濃度が低かったのに対して、骨萎縮性癒合不全患者群において、治癒骨折群や急性骨折群よりも、骨折部位のアルギニン濃度が高く、オルニチン濃度が低かった。


    Journal:
    Am J Clin Nutr. 2012 May; 95(5): 1270-7





  • 高プロリン血症と統合失調症との関連性に関するエビデンスと臨床アウトカムの測定

    2014-07-31

    Title:
    Evidence for association of hyperprolinemia with schizophrenia and a measure of clinical outcome.


    Author:
    Clelland Catherine L, Read Laura L, Baraldi Amanda N, Bart Corinne P, Pappas Carrie A, Panek Laura J, Nadrich Robert H, Clelland James D,


    Keywords:
    ,,,,


    Abstract:
    統合失調症とプロリンデヒドロゲナーゼ(PRODH)酵素活性欠損の間には複数の遺伝的関連がある。しかし、統合失調症とPRODH欠損により生じるプロリン高値との関連を検証した過去の報告の結果は相反している。本研究の目的は、高プロリン血症は統合失調症と関連するか否かを検討すること、血漿プロリン濃度と統合失調症の臨床像および症状との間の関係を評価することである。 そのため、90名の対照被験者と64名の統合失調症患者を対象とし、空腹時血漿プロリン濃度を比較し、軽症~中等症高プロリン血症と統合失調症との関連を検討する横断的症例対照研究を行った。二次解析として、高プロリン血症と統合失調症の発症・症状・アウトカムなどの5つの指標との関係について検討した。 血漿プロリン濃度は、症例群において対照群よりも有意に高く(p<0.0001)、性別調整された高プロリン血症群のカテゴリカルデータ解析では統合失調症との有意な関連を示した(OR 6.15、P=0.0003)。初回入院時年齢は高プロリン血症患者において有意に高かった(多重検定に対する補正後p=0.015)。血漿プロリン濃度は症状全体、陽性あるいは陰性症状との関連がなかったが、一方で人種、BPRSスコア、入院からプロリン測定までの期間を調整した後では、高プロリン血症の状態は入院期間に有意な影響を与えた(p=0.005)。軽症~中等症高プロリン血症は統合失調症の有意な危険因子であり、統合失調症の中間的フェノタイプである可能性がある。高プロリン血症患者は、非高プロリン血症被験者よりも、初回精神科入院年齢が有意に高く、より遅発性であることが示唆され、また、入院期間が46%長かった。これらの知見は、統合失調症の原因究明や疾患管理に有用である。


    Journal:
    Schizophrenia research Vol.131 (1-3) p139-45( Netherlands)





  • 肥満や2型糖尿病の若者における脂肪酸およびアミノ酸代謝のメタボローム・プロファイリング:ミトコンドリア酸化が亢進している証拠

    2013-11-06

    Title:
    Metabolomic profiling of fatty acid and amino acid metabolism in youth with obesity and type 2 diabetes: evidence for enhanced mitochondrial oxidation.


    Author:
    Mihalik SJ, Michaliszyn SF, de las Heras J, Bacha F, Lee S, Chace DH, DeJesus VR, Vockley J, Arslanian SA.


    Keywords:
    ,,,,,


    Abstract:
    目的:アミノ酸と脂肪酸化(FOX)の一般的な副産物であるアシルカルニチン(AcylCN)類および血漿中アミノ酸を、正常体重(NW;n=39)、肥満(OB;n=64)、および2型糖尿病(n=17)の若者の間で比較した。 研究デザインと方法:空腹時血漿をタンデム質量分析により、体組成を二重エネルギーX線吸収法とコンピュータ断層法により、全身の脂肪分解と基質酸化をそれぞれ[2H5]glycerolと間接熱量測定法により分析した。in vivoインスリン感受性(IS)を3時間高インスリン血症-正常血糖クランプにより評価した。 結果:長鎖AcylCN(C18:2-CN~C14:0-CN)濃度は3群でほぼ同じであった。2型糖尿病群において、中鎖~短鎖AcylCN(C8およびC10を除く)濃度がNW群よりも有意に低く、OB群と比較した場合、C2-CN、C6-CN、C10-CN濃度がより低かった。アミノ酸濃度は、2型糖尿病群においてNW群と比較して低かった。空腹時脂質分解およびFOXは、OB群および2型糖尿病群においてNW群よりも高かった。脂肪症、Tanner段階、性別について調整すると、FOXとC10:1の間の負の相関関係は消失した。ISは、OB群と2型糖尿病患者においてより低く、脂肪症、Tanner段階、性別について調整後、ISとアルギニン、ヒスチジン、セリンの間に正の相関関係があった。 結論:in vivoでFOX率が高くなっていることや、本報告にあるメタボローム解析の結果は、肥満や2型糖尿病の若者において脂肪酸やアミノ酸の代謝が障害されていることを示唆していない。このような観察は、若者において初期の適応的代謝可塑性があることと一致するが、肥満が持続し年齢が高まるにつれ、成人で観察される機能不全にやがてなると考えられる。


    Journal:
    Diabetes Care. 2012 Mar;35(3):605-11. doi: 10.2337/DC11-1577. Epub 2012 Jan 20.





  • 多嚢胞性卵巣症候群における代謝的多様性は肥満により決定される:GC-MSを用いた血漿メタボローム・アプローチ

    2013-07-10

    Title:
    Metabonomics reveals plasma metabolic changes and inflammatory marker in polycystic ovary syndrome patients.


    Author:
    Sun Liye, Hu Weihong, Liu Qiao, Hao Qinfang, Sun Bo, Zhang Qi, Mao Sha, Qiao Jie, Yan Xianzhong,


    Keywords:
    ,,,,


    Abstract:
    背景:腹部脂肪症(abdominal adiposity)や肥満は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とインスリン抵抗性や糖尿病との関連に影響を与える。本研究は、PCOSおよび肥満と関連する中間代謝表現型の特徴を明らかにすることを目的とした。 方法:36名のPCOS患者と、アンドロゲン過剰がない、年齢、BMI(body mass index)、肥満の頻度がマッチした39名の対照女性から血漿を採取し、採取した血漿検体に非標的GC-MSメタボローム・アプローチを用いた。 結果:PCOS患者において、対照と比較し、血漿インスリン濃度が高く、インスリンに抵抗性であった。肥満したPCOS患者において、リノレイン酸やオレイン酸などの長鎖脂肪酸の血漿濃度やグリセロール濃度が高かった。このことは、脂肪組織における脂肪分解がおそらくインスリンの作用障害があるために亢進していることを示唆する。これとは対照的に、非肥満PCOS患者が示した代謝プロファイルは、末梢組織における脂肪分解抑制と糖利用亢進(乳酸濃度上昇)により成るものであった。PCOS患者全体では2-ケトイソカプロン酸とアラニン濃度が低く、分枝鎖アミノ酸はタンパク合成に利用され、グルコース新生には利用されないことが示唆された。これらの代謝過程は有効なインスリンシグナル伝達を必要とした。したがって、インスリン抵抗性はこれらの女性のすべての組織で一様ではなく、様々なメカニズムが高インスリン血症に寄与していると思われる。PCOS患者において、肥満とは関係なく、α-トコフェロールやコレステロール濃度が低かった。 結論:かなりの代謝的多様性がPCOSの基礎にあり、この代謝的多様性は肥満に強く影響される。非肥満PCOS女性では、普遍的なインスリン抵抗性がなくても高インスリン血症が起こることがあるという可能性を、この有病率の高い疾患の管理のための診断および治療戦略をデザインするに際して考慮すべきである。


    Journal:
    Journal of proteome research Vol.11 (5) p2937-46( United States)