最新のアミノ酸研究


  • 肥満およびインスリン抵抗性状態における必須アミノ酸代謝に関する新しい展望

    2013-11-06

    Title:
    Emerging perspectives on essential amino acid metabolism in obesity and the insulin-resistant state.


    Author:
    Adams SH.


    Keywords:
    ,,,,,


    Abstract:
    インスリン作用の調節異常は、血糖値上昇という糖尿病の代表的な特徴とともに、グルコース-ホメオスタシス障害と関連して考慮されることが最も多い。明らかな糖尿病に付随する高血糖から生じる合併症はよく知られており、複数の疫学研究が、耐糖能異常を有する人において代謝疾患を発症するリスクが高いことを指摘している。代謝的に健康な状態を維持するために適切な血糖コントロールが中心的役割を果たすことは十分に確立されているが、最近、インスリン作用障害[肥満、前糖尿病、2型糖尿病(T2DM)]と脂肪やアミノ酸の中間代謝変化との関連を解明する展開が始まっている。アミノ酸については、特定の必須アミノ酸とその誘導体、特にBCAA、硫黄アミノ酸、チロシン、フェニルアラニンの血中濃度の変化が、肥満やインスリン抵抗性と共に出現し、しばしば臨床的に診断されるT2DMの発現前に明らかである。本レビューは、これらの変化の全体像を提供し、メタボロミクス研究からの最近の観察を生化学や栄養生物学の領域の発展的な報告として紹介している。新旧の分野を連続したものと考えることで、肥満/インスリン抵抗性におけるFFAに富む環境と、BCAA異化酵素活性低下を伴うT2DM、メチオニン酸化やシステイン/シスチン生成の変化、組織レドックス平衡(NADH/NAD+)などとを関連づけるモデルが提案される。


    Journal:
    Adv Nutr. 2011 Nov;2(6):445-56. doi: 10.3945/an.111.000737. Epub 2011 Nov 3.