最新のアミノ酸研究


  • アミノ酸異常と関連する骨折治癒障害

    2014-11-27

    Title:
    Impaired fracture healing associated with amino acid disturbances.


    Author:
    Wijnands Karolina A P, Brink Peter R G, Weijers Paul H E, Dejong Cornelis H C, Poeze Martijn,


    Keywords:
    ,,,,


    Abstract:
    【背景】全骨折患者の5~10%が、骨折部分不癒合を生じる不適切な治癒過程を経験する。複数の先行研究が、正常な骨折治癒にはアルギニンから十分な量の一酸化窒素が産生されることが重要であることを示している。しかし、炎症などのストレス条件下、アルギニンの利用能は低下することがあり、これが、仮骨形成が不十分な結果としての不癒合に結びつく可能性がある。
    目的:本研究の目的は、骨折不癒合のある患者とない患者における仮骨および血漿中のアミノ酸濃度を測定することであった。
    【デザイン】血漿中および仮骨中のアミノ酸濃度を、HPLCを用い、骨萎縮性癒合不全患者(n=12)において測定し、骨萎縮性癒合不全患者(n=12)、急性骨折患者(n=15)、および、骨折治癒患者(n=8)と比較した。
    【結果】骨萎縮性癒合不全患者群において、骨折治癒群よりも、仮骨中のアルギニン(61 μmol/mg vs 180 μmol/mg;P<0.0001)、シトルリン(13 μmol/mg vs 44 μmol/mg;P<0.0001)、および、オルニチン濃度(25 μmol/mg vs 149 μmol/mg;P<0.0001)が有意に低かった。骨萎縮性癒合不全患者群において、骨折治癒群よりも、アルギニン濃度が有意に高く、オルニチン濃度が低かった。血漿中のアルギニン濃度は、骨萎縮性癒合不全患者群(62 μmol/L;P<0.001)および急性骨折群(41 μmol/L;P<0.001)において有意に低かったが、骨萎縮性癒合不全患者群では低くなかった。血漿中のオルニチン濃度はすべての群において急性骨折群よりも低かった。
    【結論】不癒合患者においてアミノ酸濃度が有意に変化していた。骨萎縮性癒合不全患者群においてすべてのアミノ酸濃度が低かったのに対して、骨萎縮性癒合不全患者群において、治癒骨折群や急性骨折群よりも、骨折部位のアルギニン濃度が高く、オルニチン濃度が低かった。


    Journal:
    Am J Clin Nutr. 2012 May; 95(5): 1270-7